SEOで押さえておきたいアルゴリズムの種類

Pocket

現在のところ、検索エンジンのアルゴリズムは大きく分けて2つの種類があります。SEO対策をするときには、この二つのポイントを理解しておく必要があります。その一つがリンクです。リンクがどこからも張られていないウェブサイトは優良なサイトではないと認識されるのが普通です。リンクが張られていれば優良というわけでもありません。優良なサイトからのリンクがたくさんあれば、それは優良なサイトだと認識されます。逆に、劣悪なサイトからのリンクがたくさんあると、検索順位は下がると考えておいた方が良く、連鎖的に順位が下がっていきます。

それとともに、サイト上のコンテンツのクオリティの高いものは優良なサイトと認識されます。最近では、アルゴリズムが言語を理解してきたとも言われています。それが真実なのかどうかは分からないのですが、あまりにも不自然な言葉で書かれたサイトは、順位が下がる傾向があるようです。また、コピーされた文書ではペナルティとして扱われ、順位が下がることが多いです。文書はオリジナル性の高いものを利用するべきでしょう。

SEO対策のための技術には様々なものがありますが、大きく分けるとこの2種類になります。個人のレベルでできることとしては、サイト上のコンテンツのクオリティを高めることでしょう。これが最も良い方法だと考えられます。下手にリンクを増やしていくと、SEOとしては逆効果になることもありますから注意が必要です。